バナー

フロアコーティングを自分でやる

フロアコーティングは、床の美しさと清潔さを保つために行うものです。

そこで住宅を新築したりリフォームをした場合は、家具を入れたり荷物を入れたりする前の何もない状態の時に施工しましょう。

フロアコーティング用の材料や道具類は、ホームセンターなどで販売しているので購入してくるとよいでしょう。
初心者はフロアワックスなどの比較的施工しやすい材料が良いでしょう。


まず施工する部屋や場所の掃除をします。



床にホコリや細かなゴミがあると、一緒に塗り込んでしまい仕上がりが汚くなります。

汚れがひどい場合は中性洗剤などで拭いて、その後で水拭きして洗剤を残さないようにします。
水拭きしたら完全に乾燥してから施工します。
フロアコーティングを施工する前に、巾木や扉にコーティング剤が付着しない様に、養生テープやビニールを張っておきます。


ローラー塗が均一に早くできますが、出隅部分や入隅部分は上手くゆかないので、先に一定幅刷毛塗をしておくと上手に施工できます。

また施工の手順ですが、部屋の奥から出入り口に向かって施工します。


逆になると最後に自分が出られなくなってしまいます。

人気のロケットニュース24の人気が上昇しています。

塗布した所は絶対に踏まない様にして、足の汗や汚れが付かないように足カバーなどをつけるようにしましょう。

フロアコーティング関する便利な情報が満載です。

一度に厚塗りをするのではなく、薄く塗って乾燥させまた薄く塗って乾燥させるを3~4回繰り返すと、比較的均一に綺麗に仕上がります。

自分で一度フロアコーティングを経験しておくと、数年後に劣化したらまた自分で施工が出来るでしょう。